会社紹介

bn_title04
【誠 実】 顧客の満足を最優先にして、誠心誠意サービスを提供します。

【貢 献】 国際交流及び協力、社会の繁栄、環境の保全に貢献します。

【挑 戦】 常に新しい技術にチャレンジする精神を持ちます。

【職 人】 技術応用分野のプロを目指し、顧客に最高のサービスを提供します。株式会社JCBCはシステム開発の仕事を通して、企業や社会の発展に貢献していくことを 最大の使命とします。

bn_title01

社  名 株式会社JCBC
設  立 2011年2月
資 本 金 2000万円
郵便番号 110-0016
所 在 地 東京都台東区台東1-7-2秋州ビル2F
電話番号 03-5812-4281(代表)
Fax 03-5812-4291
E-mail info@jcbc.co.jp
代表取締役会長 吉野 一夫
取締役社長 厳田 哲
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 日本橋支店
認定資格 ISO 27001(ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014)認証登録番号:IA150431
ISO 9001(ISO 9001:2008 & JIS Q 9001:2008)認証登録番号:QA150432
プライバシーマーク番号:第17001447(03)号
一般労働者派遣事業許可番号:派13-306718

社長ご挨拶

bn_title07

  近年、情報通信を取り巻く環境は、大きく変化しています。コンピュータと通信を中心としたIT技術の進展は、誠に目覚ましいものがあります。移動通信市場においては、スマートフォンをはじめとする「スマートデバイス」の急速な普及とともに、音楽・映像・書籍などのコンテンツサービスの多様化・リッチコンテンツ化がますます進んでいます。

  IT技術はもはや現代社会生活のインフラとして、欠かすことのできない存在となりました。各種産業分野においても、また流通・医療・教育など私たちの生活に密着した分野においてもITが浸透し、日々発展を続けております。

  このような時代背景の中で、JCBCは日本国内でのソフト開発をメインとして立ち上がりました。
システム開発事業、パッケージソフトウェア事業、インターネット通信サービス事業の3本柱を中心に事業展開を進んでおります。一部、中国の人材資源によるオフショア開発もターゲットとして、IT企業としての高い志を持ち、視野を広く世界に向けて挑戦を続けて参ります。

  会社目標を達成する為、JCBCは第一歩として一番大事に認識したのが、顧客、会社そして、エンジニアにとって重要なシステムエンジニアリングでした。
・顧客にとっての重要性は、顧客自身の欲しいものを明確にしてくれることから言えます。
・会社にとっての重要性は、コストと納期と品質のバランスをとってくることから言えます。
・エンジニアにとっての重要性は、エンジニアリング作業の成果物をつくる手順を示してくれることから言えます。

  最後に、弊社のシステムエンジニアが様々なプロジェクトを通じて得た経験と実績を最大限に発揮させることで、お客様の高度化、多様化するニーズにお応えするソフト開発会社として全社一丸となって
努力して参ります。今後とも皆さま方のご支援・ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2012年12月1日
取締役社長 厳田 哲


社員教育

bn_title06

JCBCは貴方の夢が実現できる環境を提供します!
自分の素晴らしい可能性を引き出し、高度情報社会に自分の力を貢献する。私達は国籍や性別に関わらず、貴方の夢を大切にしたい、頑張っている君と一緒に明るい未来を向かって、立派なIT人材に
なりましょう。

新人教育方針

    • ビジネスマナー
      「組織人」「社会人」という意識を持たせ、学校と職場の違い、情報セキュリティの重要性などを教育する。
    • コミュニケーション能力
      「チームワーク」を最大限発揮するため、仕事仲間の間に言葉と意識の連携は不可欠。
      「報告、連絡、相談」は社員達に現場ルールとして身につけ、職場で積極的に実行させる。

    • スキルアップ
      自分がなりたいIT技術者を目指し、会社は技術力アップのため体系的訓練をする。
      スマートフォン、SAP先端技術は始め、WEB系、インフラ構築まで幅広く分野の指導及び作業環境を提供し、専任事業部門の責任者は入門知識から親切指導。

社内開発と教育

社内開発チーム

IMG_1281
IMG_1282
IMG_1284

社内教育

IMG_1296
IMG_1298
IMG_1299